高額査定を導くコツ|トラックをお得に売り買いする秘訣【オススメの時期や方法を解説】
ロゴ

中古車買取の目的を知ってから売却先を決めよう

用途が異なる

農機具や工事用車両として大活躍するトラクターですが、新しく買い替えを検討するときには、不要なトラクターを買取ってもらうことになります。中古トラクターとしては、海外で使用されるか、日本で使用されるかによって業者が異なり、買取価格も変わってきます。

高額査定を導くコツ

トラクター

古い車両

トラクターがどれくらい古いかによって、海外向けか、国内向けかが変わってきます。15年を一つの目安にするとよいでしょう。15年以上前のトラクターであれば、海外輸出用としての用途が一般的になります。

新しい車両

15年未満の新しいトラクターであれば、国内で販売されることが多いです。そのため、国内での流通ルートをメインとしている中古トラック売買業者に依頼することが得策となります。

安易に金額を提示してこない

電話やメールなどで高額な金額を提示するような業者は注意が必要です。実際に現物を査定しないと正しい金額はわかりません。信頼ができる業者かどうかをしっかりとチェックしていきましょう。

全国展開している

全国に拠点をもつ業者であれば、豊富な買取実績や販売ルートがあるため、高額買取が期待できます。また、適正な査定結果をスピーディーに出してもらうこともできるはずです。手間なくスムーズに依頼することが可能です。